思いつきラボ

思いつきラボ

No. 9 「ソチで冬季オリンピックがはじまります…」

2014/01/30

繊維業界は歴史が長く、また、川上から川下までサプライチェーンが長いため、立場が異なるだけで言葉づかいや慣習が異なります。 「思いつきラボ」では、繊維に関するちょっとした疑問や面白話などをご紹介します 。

※2014年1月30日時点の内容です。

スポーツの祭典 冬季オリンピックが2月7日より開催されます。スローガンは“Hot Cool Yours”(ホット クール ユアーズ)、邦訳は“ホットでクール みんなの大会”となっています。今では夏季 冬季と2年ごとに開かれますが、競技は4年ごとになるので、やはりこの4年間という時間の重みが独特な雰囲気をつくり出しているのだと思います。競技者にとっても4年の時間が成長期か、成熟期か、衰退期かによっても力を出せるピークに持ってこれるかが鍵となるわけですから、人生の一大イベントとなるのもわかります。

そんな中で、7回も出場するジャンプの葛西紀明(かさいのりあき)選手はそれだけでスゴいことなのです。最初が1992年アルベールビルで、1994年のリレハンメル・・・実はこの年から冬季と夏季のオリンピックが分けられたので、この間だけ2年ということになっています。1998年長野、2002年ソルトレイク、2006年トリノ、2010年バンクーバー、そして今回の2014年ソチと、なんと22年の間ずっとトップ選手として活躍されているのです。しかも今季ワールドカップで優勝していて、ソチでも表彰台への期待が高まっているのです。

技術が光るスポーツウェア

オリンピックはスポーツ選手の最高峰の舞台ですが、スポーツ用品業界にとっても技術躍進を遂げられる最高の場でもあるのです。競技ウェアによってタイムや演技に影響がでることは周知の通りで、夏季大会で水泳競技のウェアによって世界記録が量産されたのは記憶に新しいところです。現在ではタイム競技の場合、1/100秒単位の計測になりますので、ウェアの役割も大きいのです。水の抵抗値や風の抵抗値を小さくするということに、スポーツアパレルや生地の開発者はかなりの時間を費やしているのです。1/100秒のために何年もの時間を掛けて開発に取り組んでいるのです。

オリンピックは基本的にはアマチュア精神が優先されるので商業ベースにはなりにくいですが、技術開発ではスポーツメーカーも競いあっているのです。スポーツ用途向けの国産生地は評価も高く、とくにスパンデックス入りの素材は織物もニットも日本製は需要は高いです。スピードスケート競技をはじめ、記録にはゲームウェアの機能も結果に影響を及ぼすものと考えられているので、ものづくり部隊も一所懸命なのです。その意味では国内繊維業界もオリンピックに貢献しているのです。

スポーツウェアの規則

スポーツ競技別に素材開発をする時には、まずその競技のルールブックを読むことから始まります。当然のことながら、規程に見合った素材でなければならないからなのです。なかなか競技ウェア規程を見ることもないでしょうから、今回のコラムで競技ウェアの規格を紹介したいと思います。とはいえ全部の競技ウェアの規格は紹介できませんので、葛西紀明選手を取り上げた流れで、“スキージャンプスーツ”を調べてみましょう。

スキージャンプスーツ規則(FIS国際スキー連盟規則 抜粋)

スキージャンプスーツの全ての部分は、同一素材で作られていなければならず、また外側からも内側からも、同一の空気透過率でなければならない。スーツは、えりまで届くフロント中心のジッパーで閉じなければならない。ジッパーの長さは、最長で、股下のクロスする部分まで認めらる。このジッパーの幅は、15mm 以下でなければならない。飛行中、ジッパーは完全に閉まっていなければならない。 スーツ(縫い目)のデザインは、“スキージャンプスーツ”のイメージと一致していなければならない。スーツのあらゆる部分において、ボディサイズに対する最大許容差 6cmとする。
スーツは、少なくともボディーサイズにする。(ストレッチは禁止)スーツの袖は、グローブに接触またはつながっていてはいけない。ただブーツの上にスーツを収めるためスーツ膝下は最大許容差を 10cmとする。前股下は許容差なしとする。

と、これが基本規則になっているのですが、この他にも追加規制なるものがあれこれと定められています。
例えば

追加規制 :
- スーツへのマーキング(測定及びコントロールのため)を認める。
- スーツの厚さは、全てのパーツで同一でなければならない。
- 素材やスーツへの、化学的(気体、液体、固体)または機械的処理は認められない。 

など、20以上の追加規制があります。さらに詳細分類で規定があり、こちらも一例を紹介すると

素材、生地
スーツの全パーツにおいて、素材表面の構造及び素材の構成は同一でなければならない。唯一の例外は、同一素材の色違いである。
スーツの厚さは、4.0mm 以上、5.0mm 以下でなければならない。
スキージャンプスーツの構造は、以下から成る5 層ラミネート加工である:
― アウター生地/第一層
― フォーム
― 弾性膜
― フォーム
― 裏地   

というように、全ての規則を理解するだけでもかなりの作業量になります。スキージャンプスーツは同一素材ということですので、切り替えパーツによって異なる素材を使ってはいけないということや空気透過性は表からでも裏からでも同じ数値のものでなければならない、などということが分かります。さらにストレッチ素材は禁止とあり、スキージャンプのウェアがスピードスケートのようなジャストフィットのものにできないことが理解できます。風の抵抗値を考えればジャストフィットタイプの方が助走スピードが加速されると考えられますが、飛び出した後はある程度背面部に空気を含ませて浮力を持たせるパラシュート効果を利用する方が安全性が高く飛距離も出るのかもしれません。いずれにせよ、ジャンプスーツにはストレッチ素材は使われてないということです。

オリンピックに挑むことの難しさ

競技ウェアだけでなく、スキー板・ビンディング・ヘルメット・ゴーグル・・・などすべて用品にも規則はあります。
オリンピックのような大きな大会で金メダルを獲った選手は、世界的に脚光を浴びるのと同様に、メダリストが使っている用品やウェアも注目の的になるのです。繊維業界にかかわっている人たちは、ウェアにも視線を向けて競技を楽しんでもらうのもいいかもしれません。ともあれソチオリンピックを充分堪能したいと思います。

最後に雑学ネタですが、スキージャンプで使用するスキー板の長さには身長だけでなく体重も基準の対象になります。

スキーの長さの上限は、選手の身長の145%とし、BMI は、女子20.5 以上、男子21 以上なければならない。・・・

とあります。健康診断でお馴染みの、BMI指数(Body Mass Index) =体重(kg) ÷ {身長(m) X 身長(m)}によってスキー板の長さが決められています。
実は2006年のトリノオリンピックで日本人選手が痩せすぎで、体重が不足していて失格になったことがあるのです。本人のミスなのでやむを得ませんが、競技ではなく用具が原因では悔やみきれないことだったと思います。今回はそんな失格者がでないことを願いましょう。

おまけ 前回の絞り染めT-シャツの作者は・・・

でした。正解者のみなさま、おめでとうございます。正解者多数につき、以上をもってお祝いに代えさせていただきます。(えっ それだけ~)

PDF版はこちらから

お問い合わせ
一般財団法人ニッセンケン品質評価センター
防災・安全評価グループ グループ長
竹中 直(チョク)
E-mail: bosai_anzen@nissenken.or.jp

思いつきラボ

「いいね!」で最新情報をお届け

各種お問い合わせCONTACT

サービス全般についてのお問い合わせ

icon

各種試験・検査に関するお問い合わせ、ご依頼はこちらから承ります。

お問い合わせする

エコテックス®に対するお問い合わせ

icon

エコテックス®認証に関するお問い合わせ、ご依頼はこちらから承ります。

お問い合わせする

技術資料ダウンロード

icon

各種試験・検査に関する技術資料が、こちらからダウンロードいただけます。

ダウンロード一覧へ

よくあるご質問

icon

試験・検査などで、皆さまからよくいただく質問と回答をまとめています。

詳細ページへ進む

お電話からのお問い合わせはこちら

受付時間 9:00~17:00(土日・祝日除く)

TO TOP