技術情報・研究情報

技術情報・研究情報

– ECサイトにおける布の風合い表現に関する研究 続報 -/論文【 ECサイトにおける布の風合いに関する表現と消費者の意識 】を公開

2022/04/26

 一般財団法人ニッセンケン品質評価センターは、日本女子大学、鎌倉女子大学と共同でECサイトにおける布の風合い表現に関する研究を行っています。このたび、昨年11月に発表した論文 / アパレル企業を対象にした EC サイトにおける布の風合い表現に関する調査 に続き、新たに共同研究者である鎌倉女子大学 家政学部 家政保健科 准教授 谷祥子先生が書かれました【 EC サイトにおける布の風合いに関する表現と消費者の意識 】が公表されましたのでお知らせします。本論文では衣服の風合いがどのように表現されているのか、実際のECサイトを調査するとともに、消費者が求める風合い情報について、女子大学生を対象にアンケートを実施し、それらの内容を分析し、まとめています。
 論文は一般社団法人繊維製品消費科学会誌「繊維製品消費科学」に掲載され、ウェブサイトでも閲覧することができます。


(1)概要・研究背景
 ECサイトでアパレル商品を購入する消費者が増加しています。布の風合いは実際に見て触って感じるものであるため、ECサイト上で布の風合いを表現したり、消費者に伝達したりすることは困難であり、企業と消費者の感じ方に齟齬が生じることが予想されます。布の風合い情報を画面上でどのように伝えるかについては、布地画像の提示方法と風合い認知に関する報告や、布地画像と質感認識に関する報告が既にありますが、現状の調査はほとんど行われていませんでした。
 前報ではアパレル企業を対象とした調査を実施し、ECサイトを利用した販売において、風合いの違いを原因とした返品を減らしたいと考える企業が多いことを報告しました。さらに本報では、アパレル企業がECサイトでどのように布の風合いを伝達したらよいのかを検討するために、現状についての分析を行い、さらに、消費者がどのような風合い情報を求めているのかを若年女子を対象とした調査から明らかにしました。

(2)調査期間・方法
 調査対象品目を白のブラウス・シャツ(調査時期:2020年2月から3月)とスカート(調査時期:2020年5月から6 月)に限定し、ECサイト(計12社)から合計126点ずつの商品を抽出し、風合いに関する表現を調査しました。商品を抽出する際には各サイトで人気順に並べてブランドやデザインの偏りがないように留意しました。
 併せて女子大学生141名にアンケート調査を実施しました(調査時期2020年7月下旬、Google Formsを利用)。

(3)調査結果
 調査結果から、ECサイトにおいて、商品の風合いを統一した形で客観的に消費者に伝える必要があることがわかりました。具体的には、一部の商品で見られたような風合いに関するチャート等を用いて商品の風合いを客観的に表現することや、統一した指標を設けること、AIを活用して商品の風合い値を示すことが考えられます。
本件に関するお問合せ先
一般財団法人ニッセンケン品質評価センター
東京事業所 蔵前ラボ 安藤 健  石川 彩花
Tel: 03-5809-1360   E-mail: pr-contact@nissenken.or.jp

技術情報・研究情報

「いいね!」で最新情報をお届け

各種お問い合わせCONTACT

サービス全般についてのお問い合わせ

icon

各種試験・検査に関するお問い合わせ、ご依頼はこちらから承ります。

お問い合わせする

エコテックス®に対するお問い合わせ

icon

エコテックス®認証に関するお問い合わせ、ご依頼はこちらから承ります。

お問い合わせする

技術資料ダウンロード

icon

各種試験・検査に関する技術資料が、こちらからダウンロードいただけます。

ダウンロード一覧へ

よくあるご質問

icon

試験・検査などで、皆さまからよくいただく質問と回答をまとめています。

詳細ページへ進む

お電話からのお問い合わせはこちら

各種試験・関係法令等について

総務・管理部門 icon 03-3861-2341

受付時間 9:00~17:00(土日・祝日除く)

TO TOP