ニッセンケンメモ

ニッセンケンメモ

ニッセンケンメモ 現場探訪 仕事場紹介:カンボジア プノンペン検品センター

2021/04/20

今回は、目覚ましい経済成長を続ける元気な国カンボジアから、プノンペン検品センターを紹介いたします。
「2015年1月に開業して早6年が経ちました、6年間勤務してくれているスタッフや新人さん、そしていつもいつもご支援いただいているお客様、皆様との良い関係を築く事が出来て本当に感謝しています。」と、プノンペン検品センター 赤荻義弘センター長。
それでは、そんなプノンペン検品センターの1日を覗いて見ましょう。

              

朝7時の始業です、10分前には出勤してその日の仕事の準備をします。
出張検品に向かうスタッフは、マネージャーとミーティングを行ってから、送迎車に乗り込んで各工場さんへ向かいます。
日本や中国の検品センターではあまり見ない光景かも知れませんね。

出張検品チームの皆さんを見送った後、内勤スタッフ全員で朝礼を行います。
センター長、事務所お客様担当、マネージャーの順に、その日の予定や連絡事項を伝えます。

その後、各現場に分かれて1日の業務がスタートします。

途中に色々なミーティングを挟んで情報を皆で共有していきます。

11時から昼食休憩です。
お昼休憩にサプライズ。この日、QCチームリーダーのサワダさんの誕生日で皆からケーキが贈られました。

午後は、縫製工場さんからどんどん入荷があります。
週末は入荷のトラックと出荷のコンテナが来るので大忙しです。

コンテナへ出荷の荷物を積み込みます。

コンテナ積みが終わったら事務所でPL(出荷明細)を作成してお客様へメール報告します。
翌日は出荷した製品の検品報告書をメール報告します。

ところで、こぼれ話をひとつ。カンボジアでは、USドルとカンボジア通貨リエルを併用しており、500リエル(約12円)の紙幣には、日本のODAで掛けられた通称キズナ橋とツバサ橋が描かれ、さらには日本の国旗も描かれています。
カンボジアの皆さんの感謝が込められていると思うと感激です!


キズナ橋:2001年にカンボジアで初めてメコン川に掛けられた橋
ツバサ橋:2015年にカンボジアとベトナムを繋ぐ国道1号線のメコン川に掛けられた橋

終業時間は午後4時です。
バイクで出勤するスタッフが多く、近所に住んでいる人は徒歩や自転車です。
バイクはHONDA製が多くて次はSUZUKI製かな。125CCくらいなので小柄な方が運転するにはパワー有りすぎだと思いますが、上手く運転しています、気を付けてね。

今日もスタッフの皆さんお疲れ様でした!


カンボジアの産地紹介や、プノンペン検品センター概要については、下記をご参照ください。
> グローバルサービス カンボジア
> プノンペン検品センター

ニッセンケンメモ

「いいね!」で最新情報をお届け

各種お問い合わせCONTACT

サービス全般についてのお問い合わせ

icon

各種試験・検査に関するお問い合わせ、ご依頼はこちらから承ります。

お問い合わせする

エコテックス®に対するお問い合わせ

icon

エコテックス®認証に関するお問い合わせ、ご依頼はこちらから承ります。

お問い合わせする

技術資料ダウンロード

icon

各種試験・検査に関する技術資料が、こちらからダウンロードいただけます。

ダウンロード一覧へ

よくあるご質問

icon

試験・検査などで、皆さまからよくいただく質問と回答をまとめています。

詳細ページへ進む

お電話からのお問い合わせはこちら

各種試験・関係法令等について

総務・管理部門 icon 03-3861-2341

受付時間 9:00~17:00(土日・祝日除く)

TO TOP