トップ > 試験依頼 > よくある質問

試験依頼

  • 試験依頼について
  • よくある質問

よくある質問

皆さまからお寄せいただくご質問をまとめました。お問い合わせいただく前にご覧ください。

生地試験のご依頼について

試験が必要な場合とは?
納入先に生地や製品を納める際に品質検査報告書の提出を求められる場合があります。納入先によっては基準を設けていますので、基準に沿った試験を行います。また、エコテックス規格やエコレザー、SEKなどの認証を取得する場合にも試験が必要です。その他に機能性生地の加工品と未加工品の比較、自社のデータの蓄積等の目的で試験を行う場合があります。
どの様な試験ができますか?
繊維に関するJIS(日本工業規格)の試験を中心に承ります。その他にもISOやGB等の海外規格や各種基準に応じた試験を実施しておりますので、詳しくはお近くの事業所にお問い合わせ下さい。
納期は何日になりますか?
通常の試験の場合、試料が届いてから4営業日を目安にしてください。お急ぎでのご依頼は、試験内容と希望納期を合わせてお問い合わせ下さい。 また試験内容によっては時間が掛かりますのでご了承下さい。(獣毛混・重金属・エコテックス認証・処理回数が多い場合など)詳しくはお近くの事業所にお問い合わせ下さい。
試料の大きさはどのくらい必要ですか?
織物や編物、実施する試験などによって違います。詳しくはお近くの事業所にお問い合わせ下さい。
獣毛混用率試験はできますか?
行うことが出来ます。試験日数は7~10日ほど頂きますが繁忙期にはさらにお時間を頂く場合があります。また、試験依頼の際に獣毛が入っていることを必ずお申し出頂き、獣毛混用率試験が必要なことをお伝え下さい。

証明書について

証明書について問い合わせはどこにしたらいいですか?
証明書を発行した事業所へお願い致します。また、お問い合わせの際には「D○○-」から始まる証明書番号をお伝え下さい。
堅牢度等の結果に1~5までの数字が書いてあるのは何を表していますか?
級数判定による結果です。1、1-2、2、2-3、3、3-4、4、4-5、5級まで9段階で評価しています。数字が大きいほど変退色や汚染が少ない(良い)結果です。
堅牢度の変・汚・液とは何を表していますか?
変・汚・液はそれぞれ変退色・汚染・液汚染の略です。変退色とは色の変化(変色)や色あせ、色落ち(退色)を表しています。汚染とは添付白布への移染を表しています。液汚染とは洗濯・ドライクリーニングの溶剤に使われる液への汚染を表しています。
物性の単位で「N」とは何ですか?
N(ニュートン)と読みます。1N=0.9807kgfになります。(例:100Nの力が働いた場合、約10kgfの力が働いたことになります。)
ホルムアルデヒドの数値の見方が分かりません。
ホルムアルデヒドは「有害物質を含有する家庭用品の規制に関する法律」で乳幼児と乳幼児以外の規制値があります。乳幼児は生後24ヶ月以下が対象となり吸光度差0.05以下、乳幼児以外は下着やパジャマ、靴下等が対象となり75ppm以下となります。また、納入先によっては規制値よりも低い数値を基準とされている場合があります。
結果をメールで送ってくれませんか?
申し訳ございません。メールで結果を送ることはお断りさせて頂いています。FAXで速報をお送り致しますのでご了承下さい。また、一部納入先との取り決めにより、FAX送信もできない場合がありますのでご了承ください。

検反のご依頼について

検反の内容は?
巻き取り検反機を使用して行います。検査員が依頼に応じて反物を巻き取りながら目視で検反を行います。検尺、検幅、色・柄サンプルとの照合、欠点(製織・染色加工)の確認と欠点表示、証明書の作成等を行います。
検反のスピードは?
内容により異なりますが、15~30m/分で行います。巻き取り検反機を使用しますので、依頼に応じて調整します。
検反可能な幅は?
50~175cm巾までの布帛・ニット生地は検査可能です。
検反基準は?
ご依頼の要望に応じて基準を決めます。また、納入先に基準がある場合はその基準を適用します。
検反の証明書は?
本会独自のフォーマットを用意しています。メーカー名、品番・色番、欠点内容、欠点位置の表示等、1反ごとに基準に応じて格付けを記入します。また、総合的なコメントを記入します。
欠点箇所の表示は?
欠点箇所の耳部に白いバノックピンで表示します。また、ご依頼に応じて欠点箇所に直接シールを張ることも可能です。

検品のご依頼について

検品の内容は?
全数検品及びロット検品を行っています。繊維製品の外観や縫製、企画寸法と仕上がり寸法の差等のチェックを行います。また、製品の表示事項に関するチェックも行います。全数検品は主に南通事業所、崇川事業所にて実施しておりますので詳細についてはお問い合わせください。
検針は?
検針器にて針や金属の混入等のチェックを行います。主に南通事業所、崇川事業所にて実施しておりますので詳細についてはお問い合わせください。
検品基準は?
ロット検品の検査数量等については、納入先に基準がある場合はその基準を適用します。無い場合はJIS Z 9015の「AQL2.5なみ検査」に準じて行います。

エコテックスについて

エコテックス認証について詳しく知りたいのですが
エコテックス規格、エコテックス認証については「エコテックス」ページをご覧下さい。