試験・検査のご案内

  • 業務案内トップ
  • 生地検査
  • 製品検査
  • 検反・検品
  • 雑貨・玩具試験
  • 機能性評価
  • 安全性試験
  • 特定芳香族アミン
  • ホルムアルデヒド
  • 重金属
  • QCS
  • 防災・安全評価
  • 海外規格試験
  • 各種認証・認定試験
  • エコテックス認証

重金属

重金属分析とは

重金属には、皮膚接触(汗による溶出)や経口接触(飲み込みなど)により、人体に悪影響を及ぼすものがあります。
これらに対応する試験として、ある溶媒に浸漬した場合に溶け出す量を測定する「溶出重金属分析」と、検体に含まれる重金属の量そのものを測定する「含有重金属分析」があります。
主な重金属分析について、下の表にまとめました。
溶出
基準溶出液主な対象規制対象
エコテックス規格100
(10種9元素)
人口汗液繊維アンチモン、ヒ素、鉛、カドミウム、水銀
クロム(3価、6価)、コバルト、銅、ニッケル
EN-71 part 3
(8元素)
塩酸溶液
(胃酸想定)
玩具アンチモン、ヒ素、バリウム、カドミウム、
クロム、鉛、水銀、セレン
含有
基準主な対象規制対象
エコテックス規格100 金属アクセサリー 鉛、カドミウム
CPSIA
(米国消費者製品安全性改善法)
玩具、金属アクセサリー
ELV指令 車両関連 鉛、水銀、カドミウム、6価クロム
RoHS指令 電子・電気機器 鉛、水銀、カドミウム、ポリ臭化ビフェニル、
ポリ臭化ジフェニルエーテル、6価クロム

※CPSIAには、この他にフタレート(フタル酸エステル)規制もあります。

試験方法

●溶出試験

●含有試験 [非破壊]

●含有試験 [溶解]

AAS : 原子吸光分光光度計
ICP : 誘導結合プラズマ発光分光分析装置
XRF : 蛍光X線分析装置

※上記以外の金属(元素)も、分析可能です。
詳細はエコテックス事業所へご相談下さい。

原子吸光分光光度計

ICP発光分光分析装置