試験・検査のご案内

  • 業務案内トップ
  • 生地検査
  • 製品検査
  • 検反・検品
  • 雑貨・玩具試験
  • 機能性評価
  • 安全性試験
  • QCS
  • 防災・安全評価
  • 海外規格試験
  • 各種認証・認定試験
  • エコテックス認証
  • エコテックス®スタンダード100
  • 認証取得
  • 認証更新
  • 規制有害物質
  • 訪問監査
  • STeP

認証取得

認証の申請方法から、認証後の認証書・ラベルの使用方法について説明します。

認証取得申請書 お問い合わせ

※ 各申請書・宣言書はパソコンで直接入力が可能なPDFファイルとなっております。パソコンからご入力いただくか、印刷後ご記入いただき、メール、FAX、 郵送の何れかでご提出ください。
なお、直接入力の際はご利用のパソコンにAdobe Reader 10以上がインストールされていることをご確認の上、ご入力ください。 最新のAdobe Readerはこちらよりダウンロードできます。

エコテックス規格100認証フロー
  • 認証内容の決定
  • 審査
  • 訪問監査
  • 認証

1.認証内容の決定

認証取得の際には、まず認証内容(対象範囲)を決めていただきます。
ご提出いただく詳細な認証内容のリスト情報をもとに、分析費用等のお見積もりを致します。
原則として1つの認証に糸と生地の認証はできない、天然繊維100%と合成繊維100%を含むことはできない(Mixは可)など細かい取り決めがありますので、 詳細はお問い合わせ下さい。

申請資料作成時のポイント

認証の対象となるもの

●原料・半製品

原材料(天然系は原産国、合繊系は材料メーカー、購入先)の特定、色展開・配色、仕上加工(使用薬剤)、ベース認証の有無の確認などをします。


●最終製品

構成部材のリスト化(身生地、縫糸、裏地、芯地、ラベル等)各部材の素材、配色、ベース認証の有無の確認をします。


●プロセス

加工工程の特定(例:撚糸、染色、仕上)をします。

認証に際する注意点

●色展開(配色)

原則として5色以上の種類がある時は、全色展開としての認証になります。全色展開としての認証の場合、染料/顔料メーカーより使用する各種染料/顔料全てに対して、「エコテックス規格100に適合している旨の保証書」が必要になります。


●抗菌、難燃加工

エコテックス規格100では、抗菌加工剤の使用や難燃加工剤を使用した製品は原則認証することができません。ただし、エコテックス国際共同体が認可した抗菌加工剤、難燃加工剤は使用することができます。


●組織、サイズ

組織(編、織)、サイズ(太さ、大きさ、番手)は、安全性(化学)分析への影響がほとんどありませんので指定する必要はありません。

2. 審査(申請書などの書類、分析試料の提出)

ニッセンケンへ下の各書類、分析試験試料(サンプル)を提出していただきます。

提出書類について

●申請書(新規申請書

申請者情報、対象製品、生産場所、製品分類等の特定

●適合性宣言書

生産される認証対象製品が提出した試料と常に同一であることを保証する宣言書
※提出は分析終了後でも可

●原材料リスト(最終製品不可)

認証対象製品の原料の明確化 (天然系は原産国、合繊系は材料メーカー、購入先等)

●構成部材リスト(最終製品のみ)

製品を構成するパーツ(例:身生地、裏地、芯地、ボタン、品質表示ラベル) それぞれの商品名、メーカー、購入先、素材、色展開、ベース認証の有無を記載

●着色剤(染料/顔料)リスト

工場別に商品名、染料タイプ(反応、分散、酸性等)、メーカーを記載
※5色以上の製品配色がある時は、そこで使用する着色剤全てに関してメーカーの「エコテックス規格100に適合している旨の保証書」が必要

●助剤/化学薬品リスト

工場別に商品名、用途、メーカー、購入先をリスト化
※仕上げ加工剤は、SDSを添付

●仕上剤リスト

関連する試験項目の特用として提出が必要

●生産フロー

購入された原料から、工程順に生産フローを記載して下さい。外注や、複数工場(自社内)が関連する場合、
会社名/工場名の記載が必要

●ベース認証書コピー

対象製品の全部または一部分に既に認証済みの製品(ベース認証品)が用いられる場合、その認証書のコピーとベース認証製品の提出が必要

●試験試料リストおよび試験試料(サンプル)

分析試験用に提出する試料(サンプル)のリスト (品名、品番、色、ロット番号等の一覧)

提出される資料のデータは、認証内容の特定(認証範囲の管理)のために重要です。
(分析試験を効率よく実施するための参考ともなります)ご不明な点はお問い合わせ下さい。

分析試験サンプルについて

認証内容に応じて、ニッセンケンより分析試験サンプルを指定します。提出の際は、試料名、品番、カラー等のサンプルリストを添付して下さい(試験結果報告書/TEST REPORT用)。特に懸念される項目があれば、ご提示下さい。

●注意点
試験サンプルは、認証内容(対象範囲)の中で、できるだけ濃色のもの・加工剤を多く使用したものを提出して下さい。サンプル量は生地の場合、1サンプルあたり40g、面積50cm角の両方を満たす程度必要です。の場合、1サンプルあたり、60g程度必要です。また試験サンプル送付の際、試験サンプルの保護や再現性のある試験結果を保証するために、できるだけ個別に包装して下さい。

※通常、分析試験は1ヶ月程度の時間が必要です。

3.訪問監査

2010年度より、エコテックス共同体では訪問監査の実施が義務付けられました。
訪問監査は、新規認証時と更新3回目、6回目、9回目(フル試験時)に実施します。

>>訪問監査の詳細はこちら

4.認証

認証

上記の書類審査、分析試験、訪問監査に合格すれば、ニッセンケンよりエコテックス規格100認証書が発行されます。 認証書に基づいて、「エコテックス規格100ラベル」を認証品に付けることができます。
認証書の有効期間は1年間です。 規制値や認証基準に変更が行われた場合でも、認証済製品は失効日まで効力を存続します。 しかし、認証更新時からは、新条件を満たさなければなりません。

認証書の取り扱い

エコテックス規格100の認証内容(対象範囲)に含まれる製品に関しては、 取引き先の会社が認証書のコピーを必要とするときは、認証保有者の管理のもとで行って下さい。

ラベルの取り扱い

認証書保有者は認証された番号を元にラベルを作成・使用できます (袋、箱、タグ、シール、パンフレット、ホームページ等)。 ラベルの作成にあたって、ニッセンケンの事前確認が必要です(付帯文書含む)

認証更新

エコテックス規格100の認証期間、及び認証品へのラベル表示許可は、1年間です。
認証継続のご希望があれば、1年毎に更新できます。

>>認証更新の詳細はこちら

認証取消

エコテックス規格100に基づき、以下の場合は認証取り消しの可能性がありますのでご注意下さい。
・申請事項と実状の相違 ・製造条件等の無届け変更 ・ラベルの不正使用